頭皮のフケを抑えるのにおすすめのシャンプー

頭皮のフケの正体は何?

 

頭皮や髪の毛から出る白い粉のようなものがフケで、「汚い」「不潔」というイメージが定着しています。

 

このフケの正体は頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、私たちの肌は一定のサイクルによって生まれ変わっているのでフケの発生自体は不思議でも何でもありません。

 

しかし、あまりにもフケの量が多い人は肌の生まれ変わりのターンオーバーが正常に行われていないことを指しており、かゆみや抜け毛の原因に繋がるので注意が必要です。

 

一口に頭皮のフケと言っても、以下のように2種類に大きく分けられます。

 

乾性フケ⇒頭皮の乾燥や荒れによって出やすく、「サラサラ」「パサパサ」としている
脂性フケ⇒皮脂の過剰分泌によって出やすく、「ベタベタ」と脂っぽいのが特徴

 

個人の体質や肌質によって異なるので、自分の頭皮や髪の毛の状態を一度チェックしてみましょう。

 

頭皮のフケの原因は何?

 

頭皮のフケが発生するのは自然現象だと上記では説明しましたが、あまりにも多いと何かしらの原因が潜んでいるかもしれません。

 

そこで、どのような原因によって引き起こされているのか以下ではご説明しているので一度確認してみてください。

 

<乾性フケの原因>
・洗浄力の強いシャンプー剤やリンスを使って洗髪して頭皮の皮脂を根こそぎ奪っている
・髪の毛の洗いすぎによって皮脂量が少なくなって乾燥している
・偏った食生活によって皮脂や粘膜を守るビタミンAや皮脂の酸化を防ぐビタミンCが不足している
・頭皮環境の悪化でマラセチア菌が増加して肌へと刺激を与える脂肪酸を出して新陳代謝が乱れている
・アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎といったトラブルが肌に引き起こされている
・カラーリング剤やパーマ剤の多用によって接触性皮膚炎を起こして頭皮が荒れている

 

<脂性フケの原因>
・トリグリセリドや遊離脂肪酸といった成分を含む皮脂が頭皮に過剰分泌されている
・皮膚常在菌のマラセチア菌が繁殖して皮脂を分解した際に酵素(リパーゼ)を出して炎症が引き起こされている
・石油系界面活性剤が含まれたシャンプー剤の使用で炎症を起こしてバリア機能が破壊されている
・食生活の乱れによって皮膚や粘膜の健康を保ち皮脂の分泌をコントロールするビタミンB群が不足している
・シャンプー剤やスタイリング剤の洗い残しが原因で毛穴に詰まっている

 

上記のように、毎日のスキンケアや生活習慣など様々な原因によって頭皮のフケの症状は増えていきます。

 

肌質によって乾性フケが出るのか脂性フケが出るのか異なるものの、どちらにしても頭皮の異常のサインという点では一緒なので見逃さないように注意すべきです。

 

頭皮のフケを抑えるのにおすすめのシャンプーは?

 

頭皮のフケを抑えたいと考えているのならば、毎日使用するシャンプー剤の種類に気を配らなければなりません。

 

「乾性フケでも脂性フケでも○○○○がおすすめ」と一概には決められず、個人の肌質によってピッタリと合うシャンプー剤は異なります。

 

しかし、間違ったシャンプー選びをしていると肌への刺激が強くなって新陳代謝のサイクルが乱れたり、頭皮の皮脂を栄養にしている皮膚常在菌のマラセチア菌が繁殖したりと肌トラブルが引き起こされやすくなるのです。

 

そこで、以下では個人の肌質に合わせてどのようなシャンプーの使用がおすすめなのかまとめてみました。

 

地肌の乾燥によってフケが出ている⇒皮脂を過剰に取り過ぎる高級アルコール系のシャンプーではなく、適度な洗浄力のアミノ酸系シャンプー
オイリー肌で皮脂の過剰分泌によってフケが出ている⇒カビの一種であるマラセチア菌の繁殖を防ぐために、抗炎症作用のある成分を含むシャンプー
アレルギーやアトピーといった体質でフケが出ている⇒肌に優しいアミノ酸系シャンプーが適しているが、症状を抑えるために皮膚科の医師に相談するのがおすすめ

 

ドラッグストアで販売されているシャンプー剤も通販で取り扱っているシャンプー剤も、様々なテストやチェックが行われた後に製品化されているので著しく品質の悪いものはありません。

 

それでも、フケが出ているような頭皮は特にデリケートな状態となっており、症状を抑えるためにはシャンプー剤の正しい選び方を把握しておかなければならないのです。

 

市販されているシャンプー剤の中には刺激的な成分が含まれていることも多いので、頭皮へのダメージを考慮するのならばネット通販で肌に優しいアミノ酸系シャンプーを探した方が良いでしょう。

 

この点に関しては乾燥肌の人もオイリー肌の人にも一緒で、「毎日の洗髪で汚れを取り除くどころか頭皮環境が悪化していた」という事態を回避する必要があります。

 

頭皮のフケを抑えたい方は美容液を使おう

 

・頭皮のフケが以前よりも増えている
・肩にフケが落ちてきて積もることがある
・ベタベタとしたフケが多くて不快な臭いがする
・頭皮のフケだけではなく抜け毛の本数が増えている

 

上記のような悩みを抱えている方はシャンプー剤の選び方に着目するだけではなく、頭皮専用の美容液やローションの使用が適しています。

 

製品によって異なるので一概には説明できないものの、美容液には頭皮の炎症を和らげたり保湿を促したりする成分がたっぷりと含まれているのです。

 

乾燥肌の人にもオイリー肌の人にもおすすめで、フケやかゆみなど頭皮トラブルを改善へと導いてくれるコスメアイテムなのは間違いありません。

 

シャンプー剤はあくまでも頭皮や髪の毛に付着してホコリや余分な皮脂といった汚れを落とすものですし、潤いを与えられるわけではないのです。

 

そこで、頭皮に使用する専用の美容液をお探しの方には当サイトでご紹介しているすこやか地肌をおすすめします。

 

「シャンプーを変えてもダメだった」「専門家に相談しても改善されなかった」という女性のために開発された美容液がすこやか地肌で、実際に頭皮のかゆみで悩まされ続けた研究者によって開発されました。

 

他の製品とは違ってすこやか地肌の中にどのような成分が含まれているのか見ていきましょう。

 

サクラ葉エキス:頭皮の炎症を抑えて健やかな状態を維持する
ワサビ根発酵エキス:カビや真菌の繁殖を防ぐ殺菌作用のある成分
ヒアルロン酸:表皮の角質の水分保持に役立ち、潤いを与えてくれる
コラーゲン:肌のハリや弾力を保つのに欠かせない成分
アロエエキス:新陳代謝を促して血行促進を図る植物エキス
オクラ果実エキス:皮膚の表面に薄い膜を作って水分の蒸発を防ぐ
アルガンオイル:セラミドを作るリノール酸の配合で保湿効果を高める
シルクエキス:皮膚や毛髪に吸着して肌をしっとりと保つ

 

このような美容成分がバランス良く配合されており、頭皮トラブルを緩和してくれるということで2015年のモンドセレクションで銀賞を受賞しました。

 

シャンプーの使用だけでフケが抑えられない人には潤いが不足していると考えられるので、すこやか地肌を毎日のスキンケアの中に取り入れてみてください。

 

<<すこやか地肌のアフィリエイトリンク>>

 

頭皮のフケを抑えるためにシャンプーのやり方を見直そう

 

・肌に刺激を与えないようにアミノ酸系のシャンプー剤を使っている
・頭皮に潤いを与えるために通販の美容液やローションを使っている
・睡眠不足や精神的なストレスなど生活習慣にも気を配っている

 

このような点を意識していても頭皮のフケを抑えられないという方は、シャンプーのやり方が間違っている可能性があります。

 

肌に刺激を与えない適度な洗浄力を持ったシャンプーを使うのは大事ですが、正しい洗髪方法で続けなければ意味がありません。

 

間違った洗髪で頭皮に刺激を与えていると、フケだけではなく赤みやかゆみといった炎症にも繋がります。

 

以下では、どのようなシャンプーのやり方が適しているのかご説明しているので、今一度自分の洗髪方法を見直してみてください。

 

@スケルトンブラシやロールブラシを使ってブラッシングをして汚れを落とす
Aシャンプーをつける前にシャワーだけを使って予洗いを行う
B40℃以上の熱いお湯は頭皮に刺激的なので38℃前後のぬるま湯を使う
Cシャンプー剤を直接地肌につけると刺激が大きいので手の平に出して泡立てる
D市販の泡立てネットを使うのも効果的で、大量の泡を頭皮の上に乗せる
E泡立ちが足りなければシャンプー剤を追加して髪の毛を洗っていく
Fゴシゴシと擦るのではなく指の腹を使ってマッサージするようなイメージ
G洗った時間の2倍〜3倍は濯ぎに費やして洗浄成分が頭皮に残らないようにする
Hタオルドライとドライヤーを使って髪の毛を乾かして完了

 

上記のような正しい方法で洗髪していれば、フケが頭皮に大量発生したりかゆみが酷くて掻き毟りたくなったりという症状を回避できます。

 

「刺激の少ないシャンプー剤を使う」⇒「正しい洗髪方法を心掛ける」⇒「仕上げに美容液で潤いを与える」というスキンケアがおすすめです。

 

特に、最後の髪の毛を乾かすという行為は念入りに行わなければならず、「ドライヤーを使うと頭皮や毛髪にダメージが加わるのではないか?」と考える方は多いかもしれません。

 

しかし、髪の毛が濡れた状態を放置しているとマラセチア菌を中心とする皮膚常在菌が繁殖し、頭皮トラブルが助長されるので注意が必要です。

 

抜け毛や薄毛が気になってドライヤーの使用を躊躇しているのならば、以下のようなやり方で乾かしてみましょう。

 

・熱風を同じ場所に2秒間以上に渡って当てないようにする
・髪の毛に近づけないようにする(10cm〜15cm程度は離す)
・熱風だけで乾かすのではなく冷風も同時に使用する
・頭皮全体に満遍なく風を当てて乾かしていく
・カラカラまで乾かすのではなく9割程度水気が取れれば十分
・髪の毛の保湿性を高めるマイナスイオンドライヤーを使う

 

乾燥肌の人もオイリー肌の人も、正しい洗髪方法とドライヤーのかけ方を心得ておく必要があります。

 

頭皮のフケは一過性の症状という可能性もありますが、日常生活で気になるほど出ているのならば毎日使っているシャンプーの種類や洗髪方法を見直してみてください。

更新履歴